2018年7月17日 (火)

平成30年 7月17日 給食

いつも見ていただきありがとう御財増す

Photo_2

鮭のみそ焼き 小松菜の煮浸し

Photo_3

ゆかりおにぎり いりこ

連日あつい中 子どもたちは元気に過ごしてくれています

日本72候のなかでも 今は小暑 といいますが、小ではなく大暑ですよね

こんな時は おくら をたべて見てはいかがでしょうか。

夏のねばねば野菜は、元気のもと

おくらに含まれる成分は、免疫力を高めたり。ストレスで弱ったおなかの調子を

整えてくれたりします。

同じネバネバ野菜の山芋と合わせて酢の物などに。

またカレーの具やバター炒めにも。

下ゆでして冷蔵庫に入れておけば、マヨネーズを付けてかじったり、刻んで薬味に

したりしてもいいかも。








2018年7月11日 (水)

平成30年7月11日 水

いつも見ていただきありがとうございます

Photo

とうがんの炊き合わせ 味噌汁

Photo_2

じゃがいも いりこ

今日も暑かったですね。

子どもたちは、水あそびをしてあそんでいました

パパは脳科学者 池谷裕二 という本に凝っています。

お父さんの子育て日記ですが、パパは脳科学の学者さんです。

脳科学の方から、子育てをみたら、また、違った感覚がでるでしょう。

のなかで

{三子の魂百まで}というのは、本当

人は「おギャー」と生まれた瞬間が脳神経細胞が一番多い

その中から3歳になるまで70%排除します。

あとの30パーセントで、自分の生き残る細胞を使うみたいです。

生まれた環境に順応していくため、どの神経細胞が必要かわかりません。

だからでしょうか。

無用なほど過剰な神経細胞を、持ってうまれきます。

そして3歳ころまでには、神経回路の基礎を作り、必要のないものを捨ててしまうのでしょう

アメリカに生まれて、インドにうまれても脳が柔軟に対応できるのは、そうした成長の

メカニズムをとってるからでいるからでしょう。





2018年7月 9日 (月)

平成30年7月9日 (月)

いつも見ていただいてありがとうございます

Photo

カレーライス モヤシのナムル

Photo_2

オレンジゼリー 黒豆 きらずあげ いりこ

日本72候 で言うと

「小暑」

小暑とは、梅雨が明けて本格的に夏になることのこと。

この小暑から立秋になるまでが、暑中見舞いの時期です。

お世話になっている相手や親しい友人への

暑さへのねぎらう便りは、もともとは、直接訪問してあいさつしづらい

人に出してみてはいかがですか。





2018年7月 6日 (金)

平成30年 7月6日 給食




いつも見ていただきありがとう御財増す

Photo_3

ハンバーグ 春雨サラダ 赤飯

Photo_4

たなばたゼリー いりこ 黒豆 きらずあげ

今日は 誕生会 で 七夕会をしました

Photo_7

先生が七夕のおはなしをしました。

子どもたちは 楽しそうに していましたよ

Photo_8


どんな願いをかいたのでしょうか。

私は 雨がやんでほしいな

明日のぽこあぽこは、お休みします。






2018年7月 4日 (水)

平成30年7月4日 水

今日も見てくださってありがとうございます

今日、本当はキャンプで白組さんは、バスの乗ってキャンプ場へ行く予定が

あいにく台風の接近で 中止となりました。

保育園でキャンプごっこをして楽しみました。

あの泣き虫だった子たちが、自分でなんでもできるようになりました。

保育園のホールをキャンプ場と見立てクッキングをしたり

すいか割りをしたりして 過ごしました。

1

Photo

3


Photo_2Photo_3

Photo_4

Photo_6



















2018年7月 2日 (月)

平成30年7月1日 給食

いつも見ていただきありがとう御財増す

Photo

とうふチャンプル 味噌汁 まぜごはん

Photo_2

みかん寒天 いりこ 黒豆 きらずあげ

きょうも暑いですね 水分をとって 体調に気をつけてください

Photo_3

やっと咲きました。ひまわり 

昨年の神戸マラソンのときに頂いたひまわりのたね

ずーと待っていて花がさきました

大好きな佐々木正美先生のご本から

どうか忘れないでください。

子育てでなにより大切なのは、

「子どもが喜ぶこと」をしてあげることです。

そして、そのことを「自分自身の喜び」とすることです。

子どもは、可愛がられるからいい子のなります。

かわいい子だから、かわいがるのではないのです。

いくら抱いても、いくらあまやかしていい。

たくさんの喜びと笑顔を親とともにした子どもは

やがて人の悲しみをも知ることができるようになります。

誰とでも喜びと悲しみを分かち合える人に成長するでしょう。

これは人間が生きていくうえで

もっとも大切な、そして素晴らしい力です。








2018年6月29日 (金)

平成30年6月29日 金

いつも見ていただきありがとう御財増す

Photo_3

和風あつあげあんかけ豆腐 味噌汁

Photo_4

みなつき きらずあげ いりこ

Photo_5

4

本日の園だより に書いた子どもたちの風景

Photo_6

ばななファミリーでーす。















2018年6月28日 (木)

平成30年6月28日(木)

いつも見ていただきありがとう御財増す

Photo

さばの塩焼き ちくわとなすの金平 味噌汁

Photo_2

大学かぼちゃ いりこ

Photo_3

今日は4歳のおんなの子たちが、先日つけた梅をもってきてくれました。

私は「うめ~」といって飲みました。おいしかった

3人の子のうち 1人だけ 笑ってくれました。





2018年6月27日 (水)

平成30年6月27日 給食

いつも見ていただきありがとう御財増すsun

Photo

豚肉と野菜のケチャップ煮 すまし汁

Photo_2

まかろに黄な粉 いりこ

Photo_3

山形の友達がサクランボを送ってくれました。

子ども達は、大喜びで 食べました

Photo_4

白組さんはお礼のお手紙を書きました。

白組さんは、上手にかきますよね。






«平成30年6月26日 給食